幸福論

君が其処に生きてるという真実だけで

渋谷すばるに歌ってほしい楽曲

私は自担である渋谷すばるの歌がとてつもなく好きだ。なんとなく流していた関ジャニ∞の番組で、その綺麗な顔に似合わないくらいの迫力とジャニーズのアイドルにしては…なんて思ってしまうその歌に堕ちたのだ。

私は主に日本のロックバンドを聴いて育ってきた。ELLEGARDENBUMP OF CHICKENをはじめ、その時代の顔と言えるようなバンドからデビューもしていないような無名のバンドまで、ありとあらゆるジャンルのロックバンドを聴いて育った。当時嵐やKAT-TUNが流行り出し「ドラマに出てるニノかっこいい!」「赤西亀梨かっこいい!」などと周りが言う中で、私は「藤原基央の声最&高」「細美武士の新バンド芸術的すぎ」「原盤権で争うな!」などと言っていた。ただ単にロックが好きだったし、生きものであるバンドが好きだった。バンドマンが書き綴る歌詞はまるで自分の誰にも言えない心情を歌ってくれているようで、ライブハウスに行けば同じ音楽が好きな仲間と一緒になって騒げる、大好きな音楽で昂った体をぶつけ合い声を出し拳を上げて日常なんか忘れ去れるようなその空間が大好きだった。

 

そんな私がジャニーズ、関ジャニ∞に堕ちたきっかけは間違いなく渋谷すばるの存在だ。彼のジャニーズらしからぬロックな一面、ギターをかき鳴らして声を張り上げて歌うその姿に一気に引き込まれ、気がついた時には関ジャニ∞のCDを買い漁っていた。中学時代の友人が安田担であったこともあり、関ジャニ∞の全部のDVDを借りては見る日々。バンドをしているすばるくん、アイドルとして踊っているすばるくん、叩いてかぶってじゃんけんぽんをするすばるくん…彼の全てに私は惹かれた。あの番組を見ていなかったら…なんて考えるけれど、私はいつか渋谷すばるを好きになっていたのだろう、と。私はジャニーズのアイドル渋谷すばるを好きになる運命だったのだろうと本気で思う。

 

話は本題へ。私は常日頃から東京事変の『スイートスポット』をすばるくんに歌ってほしいと言っている。どうしてかと聞かれれば、東京事変の楽曲を四十路にも近づいた大人の色気むんむんで歌うすばるくんが見たいし声が聞きたい、というだけだ。歌詞の意味は正直よくわからない。なんなら全英詞曲。全くと言っていいほどわからない。あの伝説であるロッテルダムで披露したピアノマンを聴いて「全英詞の曲歌ってほしい」とただ単純に思ったのだ。

スイートスポットをはじめ、私は渋谷すばるという男に歌ってほしい楽曲がいくつかある。関ジャムという最強音楽番組を持っている今なら…なんて思うが大体が叶わず終わりそうな曲ばかり。でも気が済むまで綴っていく。

 

①マリアとアマゾネス / フジファブリック

 

うわっ…志村歌へたくそ……好き……。

 

スバラジでも度々流れることのある『若者のすべて』を歌うバンドの、中でも変態曲。フジファブリック変態曲3強は『花屋の娘』『Strawberry Shortcakes』『マリアとアマゾネス』で決まりだと個人的に思っている。今は亡き当時のボーカル志村正彦の変態さは、言いようのない、そこはかとない変態さだった。

 

ここに出てくる「僕」はMに見せかけたSである。『試しにちょっとぶってよ?』って言ったかと思えば『その手を汚してよ』だなんてまあ〜〜とんだエス!サド!なんとなくすばるくんぽい。「試しにぶってみてや」って言って相手の出方を見てどんなものか見極めるような、Mに見せかけたSさがなんともすばるくんぽい。してそう(偏見)。相手の出方を見て楽しんでそう。してそう(偏見)。でもたまにガチな「ぶって」が出るから混乱する(?)。

 

 

②ラブレター / THE BLUE HEARTS

 

かわいいなおい。

 

あまりないブルーハーツのラブソング。すばるくんを好きになり、すばるくんがブルーハーツを好きだと知ったときから歌ってほしいと思っていた。そしたらなんとまあ、歌っていた。

とは言ってもそれは最初の部分だけで、いつかフルで歌ってくれと願うばかり。最後の終わりがとんでもなく切ない。

あなたよ あなたよ しあわせになれ

すばるくんが結婚したら絶対こんな気持ちになる…(遠い目)。いつかは絶対結婚してほしいと思っているけれど、そのいつかが突然やってきてしまったらと考えると…ウッ…。

 

あの時ラブレターを歌ったすばるくんはどうしてこの曲にしたのか、その時の心情は、などと色々聞きたいですね。あんまり意味はなさそうだけど。

 

これは2個上の軽音部サークルの渋谷先輩に歌ってほしい曲。ちなみに渋谷先輩は安田先輩とバンド組んでる。

「先輩たちってなんのコピバンしてるんですか?」

「色々やけど」

「この譜面は…」

ブルーハーツのラブレターってやつ。聞くか?」

なんて言って弾き語りしてくれちゃう渋谷先輩に一瞬で落ちるし堕ちる。その声が切ないし優しいし甘いしで渋谷先輩について1曲かける(?)。

 

それか。

一ヶ月前に別れてしまったすばるくんから、ライブやるから暇だったら来て的な連絡が来て、行くつもりなんかなかったのに気がついたら足がそこに向かってて、でも入った時にはもうラストで。それで最後に歌ってたのがラブレター…みたいな。歌の途中で目が合って、逸らせなくて…みたいな。

 

うん、こっちもアリだな。

 

 

③こいのうた / GO!GO!7188

 

これはもう私のすばるくんに対する気持ちです(号泣)。

 

ゴーゴーの名曲中の名曲。不倫曲やらなんやら憶測が飛び交っているけど、私は切なすぎる片思いソングだと思っている。それ故にもう歌詞全部が切ない。

きっと今のあたしには あなた以上はいないでしょう

わたしにはすばるくん以上はいないよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(号泣)。

 

私は常日頃からこの曲で妄想している。

大学の軽音サークルに入ったことをきっかけに私はゴーゴーのコピバンを組みます。ひとりは友達、もうひとりは同学年の大倉くん(ドラム)。で、ある時こいのうたを練習してるところをやすばに見られます。安田先輩が「おれこの曲めっちゃ好きやねん〜ハモってええ?」とか聞いてくるけど返事聞かないまま勝手にハモりだす。その声めっちゃ綺麗。さすがハモリの安田。

渋谷先輩はというと安田先輩みたいに交じることなくずっと静かに聞いたまま。それから何曲かみんなでやって、帰るかーなったときに渋谷先輩がすれ違いざまにぼそっと言います。

 「あれ、誰のこと歌ってん」

 「誰のこと?」

「俺ならそんなん歌わさせへんのにな〜」

なんて渋谷先輩がこぼした言葉にずっとドギマギしてたい。してたい(迫真)。

 

それか、夕方の部室でひとりアコギ抱えながらこいのうた歌う渋谷先輩の歌をこっそり聞きたい。渋谷先輩…好きな人いるのかな…いるよねそりゃあ……なんてちょっと感傷に浸りたい。

「お前いつまでそこおんねん」

 「えっ」

「勝手に聞いてんなや、金取るで」

「ええ〜…それは勘弁してください…」

とか考えてたらいきなり声かけられてこっそり聞いてたこと気づかれてたい。

「私この曲好きなんですよ」

「へえ、なんで?」

「なんでって」

「失恋でもしたんか」

「……いや」

「図星か!」

好きな人とまではいかないけどなんとなく気になってた渋谷先輩に、先輩のことですよなんて言えず黙り込んでると、

「知らん誰かに傷ついてる暇あんならさ、俺の……」

「はい?」

「…なんでもないわ、帰んで」

 とか言われてちょっと期待しちゃって、なんとなく気になってた人から気持ちが変わっちゃって…みたいなことになりたい……なりたい…………。

イメージはこのすばるくん。

f:id:ss__n8:20161108124243j:image

 

 えっ…まってめっちゃかっこいい………渋谷先輩すき…………………。

 

 

④美しく燃える森 / 東京スカパラダイスオーケストラ

 

若っ。

 

スカパラコラボで最も売れた曲らしい。大人の雰囲気漂うスカパラ×民生の楽曲。ブルースハープを合間に吹きながら歌ってほしい。黒スーツで。このすばるくんで。

f:id:ss__n8:20161108132854j:image

えええ…めちゃくちゃかっこいいな……どうする?

 

 

⑤LOVE LOVE SHOW / THE YELLOW MONKEY

 ただただイエモン歌うすばるくんが見たい。し、最初の方の、

ああ あなたが欲しいよ 

がただただ聞きたい。

あとサビの「がんばっちゃうもんね」って歌うの可愛すぎないか……??ときめくしかなくない………………????

 こんな風にすばるくんに思われたい……なんかこう……うまくいかんかな…………………。

 

思ったけどすばるくんとイエモンめっちゃ合いそう。ありがちにバラ色の日々とか歌ってほしい。

 

 

⑥Blue Jasmine / 米津玄師

 

 トレーラーしかなかった。

 

とにかく歌詞が優しい。米津玄師いい恋愛してんだな〜〜いいな〜〜。

すばるくんに歌われたい箇所が満載の楽曲。とにかく優しいし、とにかく愛に溢れている。

 あなたとなら 生きていられる

となりにあなたがいるなら それだけで特別なんだ

でもあなたなら話せることを あなたの為に用意していた

あなたの声が聞きたかった

ねえ?もう優しくない?愛に溢れてない?こんなのすばるくんに歌ってほしい以外の感情がわかない。あとすばるくんが発する「あなた」「ダーリン」っていう単語が聞きたい。弾き語りしながらめっちゃ優しい声でめっちゃ優しい顔して歌っててほしい……その横顔を眺めたい………。

 

 

⑦煙たい / 片平里菜

 

 

私は煙草に関する歌が好きで、チャットモンチーの『染まるよ』なんかめっちゃくちゃに好きで、でもすばるくんに歌ってほしいと考えた時に浮かんだのは『煙たい』一択。むしろ私がすばるくんに歌いたい(?)。

 

右手でたばこを吸うなら

せめて空いた手で髪を撫でて 愛していて

わたしは、煙たいあなたを やめられない

 やめられない……すばるくんのことはやめられないよ…………。

 

この曲も妄想が捗る。

軽音サークルのちょっとしたライブのあと、バックステージに戻るとひとりでぽつんと座ってる渋谷先輩。

「さっきの曲、煙草の」

「?、はい」

「誰の煙草の話」

なんて目線も合わせず煙草を吹かしながらぶっきらぼうに渋谷先輩が言います。

片平里菜ちゃんの曲だし、私は関係ないですもん」

「ちゃうやろ?誰との煙草の話やねん」

なんて詮索されたい〜〜〜!!!!!なんとなく不機嫌な渋谷先輩に戸惑いたい〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!

 

「しぶやん不機嫌やん〜」

 「安田先輩…」

 「誰のせいかわかる?…自分やで」

みたいなことを安田先輩にこそっと耳打ちされて期待しちゃいたい。期待させられたがり。

 

 

⑧すべりだい / 椎名林檎

 林檎ちゃん大好き。(動画なかった)

 

 あなたが八度七分の声を使うときは

っていう歌い出しにひと聴きぼれした。

 

すばるくんが椎名林檎の曲を歌うのを聞く、というのが私のひとつの夢です。去年のカバーズでは女性に歌ってほしい楽曲に『ここでキスして。』をあげてたけど、逆に歌ってもらうならと考えたらめちゃくちゃ候補出てきた。事変まで合わせたらすごい候補出てきた。絞りに絞って『すべりだい』。ファンなら絶対知ってるだろうこの曲、実はカップリングだということを林檎ちゃん好きになって相当経った頃にしった…しかもファーストシングルでこのカップリング…林檎ちゃんやっぱ天才……。

 

 あなたが脈絡も無くキスをくれるときは

っていうこのシチュエーションめっちゃ良い。すばるくんに脈絡もなくキスもらいたい。私の機嫌を損ねて脈絡もなくキスしてください(迫真)。きっと煙草の味がするのよね、最高のやつね、うんうん。

 

ちなみに私がすばるくんに対して歌うとするなら『幸福論』『あおぞら』『真夜中は純潔』『プライベイト』です♡

ちなみに2、すばるくんがここでキスして。をカバーズで紹介してから、カラオケ行ってより一層歌うようになった(単純)。

 

 

⑨あなたに / MONGOL800

 

 

これだけドストレートな歌詞を渋谷先輩に歌ってもらいたいですね!?!!!??!?ねえ!!?!???!!!?

 

渋谷先輩イメージ画像

f:id:ss__n8:20161108165601j:image

 私このすばるくん好きだなオイ。

 

やすば先輩たちからなるバンドを箱のフロアの一番後ろで見てて、安田先輩の「最後の曲です」で始まるあなたに。渋谷先輩だけをじっと見てたら

こんな世の中 誰を信じて歩いてゆこう

手をとってくれますか?

 のところで渋谷先輩とがっつり目が合いたい。えっ?って思ったときにはもう目は逸らされてて曲が終わるまでずっとドキドキしてたい。

「渋谷先輩、お疲れ様です」

「おう、お疲れ」

「……なんで、最後…」

「あ?」

「やっぱなんでもないです!」

言いかけて逃げようとしたら腕つかまれて、

「…そういうことやん?」

って言われて心臓爆発したい!!!!!!!!!!!!渋谷先輩だいすき!!!!!!!!!!!!!!

 

 

⑩駆け抜けて性春 / GOING STEADY

 

銀杏BOYZの前身バンド、GOING STEADYの名曲中の名曲。銀杏よりやはりゴイステ。これは譲れない。

 

この曲も歌詞がストレート。ストレートすぎ。若めのすばるくんに歌ってほしい。というか渋谷先輩に歌ってほしい。

f:id:ss__n8:20161108173701j:image

 

 やべ。若すぎた。

 

f:id:ss__n8:20161108173816j:image

こんな感じの渋谷先輩でお願いします。

 

「今度ゴイステのコピーやんねーん、ええやろ〜?」って嬉しそうに安田先輩が教えてくれて、なんの曲?って聞いたら「駆け抜けて性春。しぶやんぽいやろ?」って。ハイとても。

 

いざやってるところ見て心臓ブチ抜かれたい。ギターがっちゃがちゃにかき鳴らして、喉潰れるんじゃないかってくらいに歌うし、頭振りすぎて長め髪はぼっさぼさになってるけどそれさえも全部かっこいい……好きィ……ってなる。

あなたがこの世界に一緒に生きてくれるのなら

死んでもかまわない あなたのために

なんて歌われたらもう私の方こそ死んでもかまわない!!!!!!!!今すぐ殺してすばるくん!!!!!!!!!!ってなる。とても重い。

 

STAND BY MEも歌ってほしさめっちゃある。ちなみに安田くんには『BABY BABY』、錦戸くんには『夢で逢えたら』を歌ってほしいなと思います。

 

 

⑪Radio / the HIATUS

 動画なかった。

 

ラジオを聞いてる、とスバラジでいつだったか言っていたすばるくん。それに因んでRadio。シンプルなのに音がとにかく綺麗。さすがハイエイタス。

 

全英詞で和訳読んだら結構切ない曲。雨の夜の日、アコギ一本で弾き語ってほしい。

 I've been walking in the rain

Standing in the pain

Acting like I'm sane because I give it all away

(僕は雨の中を歩いてる
痛みの中を耐えながら
どうでもいいから正常なふりをしてる)

このなんとも言えない切なさ……正常なふりをしちゃってるすばるくんに寄り添っていたい………。

 

とにかくすばるくんに全英詞曲を歌ってもらいたさある。

 

 

⑫Rainig / Cocco

 

 

カバーズで歌っていた『Swallowtail Butterfly 〜あいのうた〜』での「ママ」の音を聞いてこの曲選びました!!!!!!!!すばるくんの「ママ」の音をもう一度!!!!!!!!!!!!

 

 

⑬東京 / きのこ帝国

 

 

これは私と渋谷先輩の歌です(?)

 

しぶたにせんぱ〜〜〜〜い(> <)

f:id:ss__n8:20161108182152j:image

 

軽音サークルのにこ上の渋谷先輩という設定がとても好きなのでここでも活用する。

進学の為に上京し、入った軽音サークルで出会った渋谷先輩に一目惚れするけど、実は渋谷先輩には想う人がいて、みたいな。まんま東京の歌詞に沿ってるやん〜〜〜〜感情移入せざるを得ないやん〜〜〜〜〜!!!!みたいな。感傷に浸りながら部室でひとりで弾き語りしてると渋谷先輩が突然入ってきて

「気づかないふりして隣にいたい、ねえ…」

「ちょ、先輩なんで」

「誰の隣におりたいん」

「え」

「俺?」

なんて私の気持ち知ってる上でずるく聞いてきてほしい。ここで大事なのが『私の気持ちを知ってる』ところ……知ってるのにわざと聞いてくる渋谷先輩のずるさに翻弄されてうろたえたい……渋谷先輩ずるい………好きでしかない………………。

 

 

⑭恋わずらい / 椿屋四重奏

 

 めちゃくちゃエロく歌ってほしい。(迫真)

 

アダルト感満載の、吐息が漏れるような、息継ぎでさえもエロく歌ってほしいし、

吹き出しの中にしようか 外にしようか

口に出すか やめるか

お願いさ 少し笑って せめてもの救いを残して

で縋るように歌ってほしい。すばるくんはじめ、エイトは歌詞のニュアンスとか表現力が本当に上手いなと思う。

 

 いやもうすばるくんに恋わずらいされたいですね。容易く消し去れない恋がまた俺の中でちらついた とか思われたいですね。こんだけ熱くアツくあつく思われたい。私はいつでも思っている。

 

 

罪と罰 / 椎名林檎

 

 

林檎ちゃん大好き(2回目)。 

 

すばるくん×椎名林檎でこの楽曲は絶対に外せない。冒頭の頬を刺す 朝の山手通りからもう脳内再生余裕だもん。何回もすばるくんが歌うシュミレーションしたからね、すばるくん、早く歌ってお願い、お願いだからァ………!!!!!!

 

付き合って3ヶ月目くらい、渋谷先輩は安田先輩と組んでいるバンドで林檎ちゃんのコピーを始めます。 有名どころのここでキスして。とかギブスとかやるんだろうな〜、なんて思ってたら

「林檎ちゃんやるって言ってましたよね?なんの曲やるんですか?」

 「罪と罰

「えっ………えっ!!??!?!!?」

 みたいな。そこなの!?みたいな。ときめき死するしかない。

 

すばるくんと付き合ったらそれこそ

未来等見ないで

確信出来る現在だけ重ねて

あたしの名前をちゃんと呼んで

身体を触って

とか思っちゃうくらいにズブズブハマりそうだから……そしてすばるくんもズブズブハマってほしい……共依存したい……すばるくんと死ぬ…………。

 

ていうか渋谷先輩って絶対セブンスター吸ってるよね。「セッタひとつ」(茂雄)とか言うよね絶対そう絶対言ってる。しかもボックスじゃなくてソフト。無造作にジーパンの尻ポケットとかに突っ込むもんだから座ったりして煙草ぐっちゃぐちゃになってるのあるあるだから。

「くそ、またや」

「違うとこに入れたらいいじゃないですか」

「…お前、これ持ってて」

って煙草渡されたい〜〜〜〜!!!!!吸いたい時に寄ってきて「煙草、どこ」って聞かれたい〜〜〜〜〜!!!!!!!!それか何も言わず私の履いてるズボンのポケット触って探してほしい……すばるくんの何かしらを預けられたい………。

 

 

 

15曲にも及ぶ渋谷すばる(渋谷先輩)に歌ってほしい楽曲。ほぼ「この歌詞歌われたい」「ここの音が聞きたい」と、妄想で終わった。

 

f:id:ss__n8:20161108194242j:image

 

とにかく言いたいのは、渋谷先輩最高ってこと。お疲れ様でした。

 

 

錦戸亮の作詞センスにひれ伏すしかない

ここ近年の錦戸亮の作詞センスがずば抜けてすごい。とにかくすごい。語らずにはいられない。超×8がつくほどのド新規がなにを語るんだ、という感じだが、とにかく私は語りたくて仕方がない。心ゆくままに綴る。

 

① Your WURLITZER

JUKE BOXの13曲目、次曲のwest side!!に繋がるような形になっている。(錦戸安田丸山からなる渋谷信者による渋谷信者の為の楽曲だと思っている)

歌詞カードを見て作詞:錦戸ということを頭に入れてから、初めて聴いたとき私の中に衝撃が走った。

「錦戸革命や」と。

今まで直接的な歌詞を書いていた錦戸くんがここへきてガラリと変わった。まずタイトルからしてセンスを感じざるを得ない。Your WURLITZER。「君のジュークボックス」ッカーーーーかっけえ〜〜〜〜〜!!!!!錦戸亮のセンスに脱帽!!!!!!!!

歌詞がこれまた本当に好き。エイトからエイターに向けたものなのかなって勝手に思っているけれど、ただそれが果たして本当にエイトとしてなのか、はたまたジュークボックスというパッケージとしてなのかわからないし、君=エイターとして受け取っていいのかもどうかってところだけれど「君のジュークボックス」というタイトルなだけあるよ〜〜僕ではないのよね〜君のなのよね〜。

出だしが錦戸くんなのが、やっぱりインパクトあるなというか。がなるような「さぁ」と「〜気分ですか?」後のフェイクがとんでもなく好き。錦戸くんのこういうがなるように歌ったときの声がたまらなく好きだ。

「怠いもう嫌だ〜終わらせたい」の丸山くんの声が良き。「もうみんな僕に預けて」で預けたくなる。「預けてぇ」のぇが最&高。

大倉くんみじかっ!!

安田くんに「君は弱くない」と歌われると不思議とそんな感じがしてしまう安田パワー。

そして最後、渋谷信者によるお待たせしました感満載のすばるくんパート。やっぱりこの人の歌が好きだな〜、え、待ってめっちゃ好きじゃない?私すばるくんのことめっちゃ好きじゃない???めっちゃ好き〜〜〜〜!!!!!!!ってなる。

 

とにかくYour WURLITZERが好きだ。

 

 ②ビースト!!

自担がいる狩(仮)より断然ビースト!!派。ここでも錦戸亮ちゃんがセンスを爆発させている。

 

JUKE BOXのメイキングを見る限り、最初の打ち合わせの段階で「ふんどし」ということは決まっていたことは明らか。テーマは男。そことそこ繋ぐようにして考えられた錦戸亮の巧みな作詞センスに私は仰け反った。冒頭の「昔卒業アルバムに書いた夢は「宇宙飛行士」 青いのはこの地球か? 俺のケツだったのか?  Nobody knows」が、あの全エイターのド肝を抜いたパフォーマンスの壮大な前振りだということを私は知るのだ。

幼い頃に抱いていた夢は青くも輝かしいものではあったけれど、大人になってみれば全くそんなことはなく人並みだった、という俺。2番でも一目惚れした女性にアタックするも惨敗。村上くんと女性のやりとりが続き「ハンバーガーひとつ」ととりあえずその状況を落ち着かせる。

私が言いたいのは次の歌詞だ。冒頭と同じものが続いたなと思ったら、

「You check it!!」

これよ!!!!!!!!!!!これ!!!!!!!!!!!!!!

夢?宇宙飛行士?と冒頭で思わせといて、ここがあのふんどしパフォーマンスに繋げるための壮大な前振りだったとは!!サラリーマン風のスーツから見事な肉体美…いや、ふんどし姿を披露する3人には仰け反り崇め倒した。さらりと紛れ込んでくる「フンドシ」という単語も歌詞として全く違和感がない。錦戸亮恐るべし。

 

 ③おえかき

 作詞作曲:りょうちゃん  で萌え禿げた。

 

錦戸くん曰く「くっそみたいな曲を作りたかった」「イメージ的には、保育園の横通ったら聞こえてきた」と言って出来上がったこの曲。関ジャニズムのライブではこの曲で始まっているが、打ち合わせの際から最初に使うということは決まっていたんだろうか?

とりあえず言いたいことは、
「おひさま うみ おさかなに なすび みかんのきからのびるかげ」

錦戸亮最高かよ。

それぞれのメンバーカラーをある物にたとえたにしても「みかんのきからのびるかげ」ってまじセンスありすぎじゃない?こんなん出てこなくない?横山くんのカラーを影として表現したのもそうだし、オレンジと緑の合わせ技にはもう完敗ですわ。何も言わず錦戸亮にひれ伏します。

(こんな言葉出てこなくない?繋がりでいえば、元気が出るSONGでの安田くん作詞部分「焦りの雨降り出した」で天才かよ…と思った)

 

それにしても黄色い魚って一体…?

 

 ④バナナジュース

錦戸亮の楽曲を語る上では欠かせないこの曲、バナナジュース。発表されたときには全BJ担が涙し横山錦戸が生きるこの時代に同じくして生きていることに感謝し歓喜の舞を踊ったであろう。

お兄ちゃん大好きな末っ子甘えん坊亮ちゃんと、そんな弟が可愛くて仕方がない横山さんが織り成したバナナジュース事件。数年経ってこの2人の夢のような楽曲が出来上がるとは思わなかった。

タイトルからして当初、可愛らしいポップなものを勝手に想像していた。それがなんだなんだ!スカじゃないか…!!!

音がもう完璧に東京スカパラダイスオーケストラに寄っている。本当にかっこいい。スカパラ好き。

ライブのパフォーマンスとしては錦戸くんのサックスと横山くんのトランペット。最高以外の言葉が見つからない。

 

冒頭から少し韻を踏んでいる歌詞が好きだ。「悶々なモーニング 寝不足の原因」(morningと原因の"因"部分をingとしている気がする)や「退屈なウィークデイ 再上映のウインクで」とか。再上映をリバイバルと読ませるのがまた良き。

「再上映のウインクで 元気♂になっちゃうのしょっちゅうで」ってそっちかーーーーいみたいな。そっち元気になんのかーーーーい!亮ちゃんカワイーーーー!(単純)

歌詞割りは錦戸くんがしたのかがとても気になるところ。まあ誰がしたにしろ「甘酸っぱい「年下ボーイ」もいいけれど 「俺」なんてどうかな…!?」を横山さんに歌わせるのは本当にずるい。ずるい。ありがとう。

言葉遊びや語呂合わせがお得意の錦戸くん。「ドンセイ エニシング アイ ジャス ウォンチュー トゥ ピール ミー!!」にはやられた!「何も言わないでいい 俺はただ君に皮をむいてほしいんだ!!」ってなんの皮かな???ん?????
色んなところで題材であるバナナにかかっているのが…もう本当にセンスが光っているよ…。

 

歌詞こそバナナジュース事件のエピソードには関係してないにしろ、この楽曲はもう横山裕錦戸亮の2人にしか出来ないやれない。このユニットだからこそと思わせてくれ、この2人でやる意味をしっかり提示してくれる。この錦戸亮のプロデュース力には脱帽せざるを得ない。

 

とりあえず、

♡抹茶くれない?♡ 

 

 

 

錦戸亮の作詞センスにひれ伏すしかないはここで終わります。私は本当に近年の錦戸亮作詞曲が好きだ。stereoやmonologueなんかも好きだけれど、上に挙げた4曲はずば抜けて好きだ。JUKE BOX以降の彼の作詞曲はCDが擦り切れるほどに聴いたし歌詞を読みまくった。これからの錦戸亮はどんなものを聴かせてくれるのか、期待が膨らまないわけがない。

 

マイサマーミュージック イン 2016 後編

 

前回は3曲ほど書き記したところでいきなり自分の妄想が爆発し収集つかなくなったので後編へと持ち越しました。

持ち越したところで今回も妄想が爆発しないとは限らない。いや多分爆発する。いや絶対だ。

 

そんな感じで後編です。

 

 

 

④Lovers / Sumika

 

これはもう安田くんの曲です(?)

 

つまり私はこの歌詞に出てくる女々しさに女々しさをかけ合せたような女々しさ全開の主人公僕を安田くんとして聴いてました。まず冒頭から女々しい。

『涙の理由を整理したくてB5の紙に書き出してみたんだ 辛さ悲しさ感情色々 滲んだインクの先に僕が透けていた』

はいもう女々しい〜〜〜!泣いちゃってる〜〜〜〜!安田くん?ん?どうしたの???ってなっちゃう〜〜〜!!!

そこから続く『「男は最初になりたがり、女は最後になりたがる」名言に肖って言わせれば、どうやら僕は情けなく後者らしい』

こんなこと思っちゃってる安田くんウルトラベリーベリーソーキュート!現実の安田くんは最後になりたいとか思わなさそうですが(偏見)、この曲での私の中での安田くんは女々しさ情けなさ全力全開垂れ流しです。はいカワイイ。

 

この曲の歌詞を大まかに説明すると、フラフラと浮ついて他の人に余所見しても、浮気なんかしちゃっても、最後は僕のところに帰ってきてよ?っていうそういう曲です。

f:id:ss__n8:20161018104129j:image

こんな風に安田くんに思われたくないですか?私は全力で思われたい。基本的に私は追いかけていたい側だけど、今回ばっかりは安田くんに追われていたいです。安田くん、追って(切実)。

 

最後の歌詞が個人的にドンピシャです。

『お願いそばにいて 僕のこと見ていてほしいのです』『最後の最期にあなた朽ち果てるまで 愛し抜いていきたいと思うのです。』

言われて〜〜〜〜!!!!!「お願いそばにいて」とか安田くんに言われて〜〜〜一生そばにいる〜〜〜同じ墓入る〜〜〜〜!!!!!!!!!!!

 

歌詞はこんなに女々しいのに、曲は陽気でかわいらしい賑やかなものになってます。叶うなら関ジャムで安田くんボーカルで歌ってほしい…ほしすぎるよ…。声も合う気がするから…お願い…欲を言えば山田でお願いします…。

 

 

 

若者のすべて / フジファブリック

 

今年に限らず毎年アホみたいに聴いてるわ私part3。

 

夏の曲というか、夏の終わりの曲です。最初から『真夏のピークが去った 天気予報士がテレビで言ってた』とあるように、もうすでに激しさのある夏はいなくなり晩夏を思わせます。

まあ〜〜この曲の歌詞は人によって様々な解釈あると思うんですけど、とにかく私はこの曲を錦戸くんに歌ってもらいたい(ボーカルのくせのある歌い方と錦戸くんの歌い方が合う気がするから)。年々切な声がより切なくなってきている錦戸くんにこの曲を思いっきり切なく歌ってほしい!そして夏に思いを馳せたい!りょうちゃんと一緒に同じ空を見上げたい!りょうちゃんと夏を過ごしたい!!!!!(本音)

 

そういえばこの若者のすべて、今年のすばるくんのソロツアーのどこかの会場で流れていたとか。スバラジでも過去に何回か流しているので相当好きなんですねえ、わたしも好きだよすばるくん、へへへ。

すばるくんにフジファブリックの楽曲を歌わせるなら、Strawberry Shortcakes、マリアとアマゾネス、花屋の娘。ただ単に変態曲だからです。フジの変態曲を歌うすばるくん夢あるゥ〜〜〜!!!!!

フジファブリックも関ジャムに出てほしいけど、とある事があって今と昔でボーカル違うんですよね…今のボーカルになってから一切聴いてないからアレやねん…アレ…。

 

 

 

 

⑥The Autumn Song / ELLEGARDEN

 

今夏に限らず1年中聴いてるわ私。

 

ELLEGARDEN。2000年代以降日本のロックシーンを牽引し、2008年に突然活動休止を発表してから現在まで沈黙を続けているロックバンド。私の中で伝説のバンドとなりつつある 。もし仮に、今活動再開をしたとしたら、Hi-STANDARDが活動を再開したときと同じくらいには界隈は大きくざわつきとてつもない衝撃が走るのでないだろうか。

 

とにかく私はボーカルの細美武士が好きだ。私の青春は全て彼に捧げたと言っても過言ではない。いや、現に捧げた。もう細美武士しか見えなかった。…なんて書いてると細美武士という人について10000字くらい書いてしまいそうなのでこの辺にしておきます。

 

こちらも若者のすべてと同じく、夏の曲というよりかは、ていうか完全に秋の歌ですね。だってオータムソングだもん。夏が終わってしまったことに対する言いようのない虚無感と、主人公の心情を表すどこか弱々しい歌詞、それでいて激しいメロディが合わさってこれぞザ・メロコア!ザ・ELLEGARDEN!死ぬほど好きな曲です。

サビの歌詞が個人的にグッときます。『Tell me how can I be such a stupid shit. No way, I can't even find my way home. You said today is not the same as yesterday. One thing I miss at the center of my heart』(和訳:どうして僕はこんなクソッタレになっちまったんだ。ああ もう家に帰る道さえわからない。君は「もう昨日までとは違うのよ」と言う。ハートの真ん中に1つだけ足りないんだ)

弱いな〜〜〜!どこまで弱いんだ〜〜〜!

歌詞は前後しますがサビ前の『Friends are alright. There’s nothing so sad. And the foods are good today.It looks like things are going right.But I feel I’m all alone』(和訳:友達はみんな元気だしこれといって悲しいこともない。今日はご飯もおいしいよ。全て順調に見えるんだけど僕はどうしようもない孤独に襲われる)

こんな気分になることないですか?私はあります。(重い)

学生時代の私にはこういった歌詞が自分の言いたいことや思いを代弁して歌ってくれているように感じていました。クソサブカルロキノンキッズ女によくある傾向です。

 

これはメンバーで歌うならとか考えたことなかったけどこれもやっぱ錦戸くんかなあ…声的に…。サビでがなるくらい歌ってほしい。

ちなみに錦戸くんの好きなACIDMANのボーカルとELLEGARDENのボーカルは仲良しで…うんあの話はやめましょうか。

 

 

 

⑦Puppy Boo / Hey! Say! JUMP

 

「優しい首輪みたいに手を繋いでほしい」「お仕置きという名のキスをしてほしい」としか言えなくなりました。

 

私がおじゃんぷちゃんをちょいちょい追うようになったきっかけの曲です。 私の中でHey! Say! JUMPはスクラップティーチャーあたりで止まってました。山田くんがまだころころして、知念くんなんか赤ちゃんみたいだった頃です(失礼)。それがどうした!!年下の可愛い男の子だと思っていたメンバーが気づけばみな20代を迎え、こんな、こんな、こんな余裕ある年上の男の人になっていたなんて…!!!!

まあメンバーの最年少より私の年齢は下なんですが、彼らが小さかった頃から知っているがゆえに聴いているとそんな気持ちになってしまいます。そして手を繋がれたい。お仕置きという名のキスされたい(迫真)。

 

そしてこれまたシチュエーションがいい。オフィスラブ感。全女子憧れるやつな。(※ただし相手はイケメンに限る)

とりあえず言いたいことは『ほんと可愛いな』 の山田くんの破壊力!!!!!王子!!!!!!さすが天下の山田様!!!!!!!!!!!!!(ひれ伏す)こんなん生で聴いたらぶっ倒れるわ…言われてえ…言われてえよ…。

 

とにかくPuppy Booは最高です。ありがとう。

 

 

 

⑧熱帯夜 / SHISHAMO

 

君と夏フェスで迷ったんですが、こっちの方が再生回数多かった。

 

SHISHAMOといえばチャットモンチーの後釜、みたいなイメージあります。個人的にね、いい意味でね。いつのシーンでもガールズバンドは存在するわけですが、今の子たちはチャットよりSHISHAMO聴いてるイメージ。親近感わくよね、あの、アレだからさ。朝子ちゃんかわいいけどかわいくないみたいな。決して悪口ではない!

 

これはもう私と安田くんの曲です。

大学の軽音サークルの1個上の安田先輩。夏のとある熱帯夜、バイトが終わったくらいの頃に安田先輩に電話をかけます。2度くらいあがる呼び出し中を待ってから「もしもし?」って大好きな声が聞こえてきます。

「今すぐ会いたい」って言ったら安田先輩が電話の向こうで「ほんまわがままばっかりやなあ」って笑って言うのです。はい最高。今すぐ私がマッハで会いに行きます。

 

1番までは女の子目線の歌詞ですが、2番からは男の子目線の歌詞なのかな?って思います。

『いつだって君に触りたい こんな暑い夜はとくに』

暑い夜こそ触りたいなんて思う安田先輩好きすぎる。エッチだなあ。

『「会いたい、今すぐ。」そう言ったあの子に言わなきゃ 今すぐ 同じ気持ちだと だからほら 今行くから 呆れないで飽きないでね』

飽きるわけがない!!!!!!わがままやなって言って笑ってたのに急いでバイク走らせて安田先輩は来てくれるんでしょわかってた好き!!!!!!!!!!!

付き合っている男女がお互いの先を少しだけ見通したときにふと芽生えるこの不安気な感じにきゅんです。安田先輩が私との未来を考えている事実にもきゅんです。つまり安田先輩最the高。

 

 

 

私の夏曲はこの8曲です。どうだ、なにかとメンバーに絡みつけて気持ち悪いだろう。自分が楽しいからいいんだ!!!!!!!妄想最高フゥ〜〜〜〜〜〜!!!!!!

 

おわり

マイサマーミュージック イン 2016

夏が終わってしまった。それがすごく淋しい。

 

 

四季の中で1番夏が好きです。学生時代は春とか秋とか冬とか言ってたけど(全部)、今ではなんの季節が好き?と聞かれたら食い気味で夏!!!!!!!!と答えるくらいには好きです。

 

そんな私が今夏鬼ようにリピートしていた曲を書き記していこうと思います。いつかの私の為に私の手によって。れでぃごー

 

 

 

①罪と夏 / 関ジャニ∞

 

いやもう当たり前に聴きまくったよね。CD擦り切れるんちゃうか??????ってくらいには聴きまくったよね。まあそんなことはなかったけれども。

 

この楽曲はただの浮かれポンチパリピ曲ではないのだ。歌詞を読めばわかるが溢れ出まくって零れまくってるこのThe・関ジャニ∞感。実際は爆モテ集団のはずなのに、実らない・叶わない・女々しいの三拍子が似合ってしまうのが関ジャニ∞の不思議。それがこの罪と夏にも詰まっている。最高だ。八月の全てを全力であげたくなる。いやむしろこちらから全力で差し出したい。

 

とりあえず言いたいのはすばるくんの『マジだぜ?』が格好よすぎて軽率に抱いてってなった(軽率)。

そこに続く『君は「思い出」じゃなくて「好き」になってよ』ってもうこれ完全に縋ってるじゃん〜〜!!!エイトが私に縋ってるじゃん〜〜〜!!!!!(違う)。前半でオラオライキってたのにここへきて縋る感じがたまらない。

そして『今君の八月の全てくれないか?』に全エイター立ち上がって、あげるよ!!!!!!!って言ったでしょ?私は言った。

からの『一夜限りの過ちでも ほら夏だしさ?』ってめっちゃ浮かれてる〜〜〜!!!!!夏だからってイキってる〜〜〜!!!!!夏のせいにしちゃって浮かれポンチKAWAII〜〜〜〜〜!!!!!!!!!

 

罪と夏の面白いところは1番と2番とで一人称が違うところです。1番はきっとオラオラでイキってる自分を作っちゃってるんですね。でも2番では結局本当の自分が出てしまってるという。まず君とられそうになっちゃってるからね。まだ声かけてなかったんかい!みたいな。2番のサビも一気に女々しくなります。

『ダメだぜ?』

『ヤダ!』

『君が今選ぶなら「そりゃ僕だぜ?」とか無理だしな』

はい女々しい!!!ヘタレです!!!ここが我らのエイトです!!!!!実際リアルに爆モテ集団なのにこういうのが似合ってしまうそこが好きィ…!!!!

サビの音数も好きです。耳に気持ちいい。あとやっぱり安田上ハモ大倉下ハモの最高さ…マジ最&高…それしか言えない…。サビの安田くんのフェイクも良きすぎます。あと錦戸くんの『「…誘ってんじゃね?」 やんちゃユアボディ どうせならばビーチに踏み出せ』良すぎませんか????なんというか錦戸くんてほんとニュアンスが上手いしバリクソハマってる。ここの大倉くんの下ハモバリクソかっこいい。

 

とにもかくにも罪と夏は間違いなく私の2016年ベストサマーソングナンバーワンです。この曲により「八月の全てをあげたい」「一生分の夏を捧げたい」「浮かれポンチチャラすばるくんに抱かれたい」としか言えなくなりました。幸せな楽しい夏をありがとう関ジャニ∞

 

 

 

②恋のメガラバ / マキシマム ザ ホルモン

 

今年に限らず毎年アホみたいに聴いてるわ私。

 

というように長年好きな曲です。歌詞読めばもうむちゃくちゃです。なに言ってんだ?みたいな。でもちゃんと意味がある歌詞になっているのがマキシマム ザ ホルモンという自称アイドル枠としてフェスに出るようなバンドです。八王子のTOKIOとか言ってます。なんなんでしょうね。

そういえば2012年10月20日の仕分けにドラマーのナヲちゃんが太鼓の達人で大倉くんと勝負してましたね。 

f:id:ss__n8:20161017195602j:image

消えゆくような、まるで死んでしまったかのように写っているのがナヲちゃんです。数年前にあの生田斗真とフライデーに載ったナヲちゃんです。

大変お騒がせしております。(追記あり)|マキシマム ザ ホルモン ナヲ オフィシャルブログ「ナヲちゃんの桃色吐息」Powered by Ameba

そのことについてナヲちゃん自身がブログを書いているんですが、当時読んでクソほど笑った。トリックアートかよ!!!!!!

ホルモンはいつか関ジャムに出てほしいアーティストのひとり。でもセッションは難しそうなんで、なんかあの、まあ…とりあえず出てほしいな…。

 

 

 

③ラブホテル / クリープハイプ

 

今年に限らず毎年アホみたいに聴いてるわ私part2。

 

まず出だしの『夏のせい』でもう全てが物語っている!そうなんだよ!あの意味なく浮かれてしまう感じ、わくわく感、どきどき感、なんだかそわそわしちゃう感じ!それによって引き起こされる様々なこと!それもう全部夏のせいだから!!!!!!!!!!!!!

 

この曲はクリープハイプにありがちな女性目線の曲。軽い気持ちで始めた一夏の恋が、いつの間にか本気の恋になってしまったんですねえ。

つまりこういうこと↓

 

普段から色んな意味で遊んでいる友人に連れられて初めてクラブへ行った。友人はすぐに知らない男の人に声をかけられそのまま人混みに紛れてどこかに消えてしまう。

どうしようかと悩みながら頼んだキティをちびちび飲んでいると、突然声をかけてきたのは黒く長い髪と大きな力強い瞳が印象的なひと。それがすばるくんです。

「友達おらんくなってもうたな。寂しない?」「…いえ」「あの子めっちゃビッチっぽいもんなあ」「…」「なあ自分、名前は?」「……〇〇です」

小さくそう答えると、耳もとに唇が寄ってきてすばるくんが言います。

「〇〇、俺と抜け出さへん?」

 

なーんて言われて抜け出しちゃうわけよ。そりゃ抜け出しちゃうわ。

f:id:ss__n8:20161017202900j:image

イメージはこの頃のすばるくん。ね?こんなんついて行っちゃうっしょ?私なら尻尾振ってついてくね。ハーッ(溜息)

 

そんでまあ人気のない道をただ2人で歩くわけよ。それがだんだんそういう街になってきて、え?って思ってる内に「なんもせえへんから休まん?」なんて言われて入っちゃいます。そんで致しちゃう。「そんなつもりなかったとか今更言うなや、無理やん」とかあま〜〜〜〜い擦れた声で囁いてくれたら一発 K.O.です。K点こえます。

そっからなんやかんやでそういう関係になっちゃって、そういうときだけ恋をしていたはずなのに、いつの間にか頭の中はすばるくんでいっぱいです。四六時中すばるくんのことを考えてしまいます。

でもすばるくんが自分に気がないのはわかっていて、でも好きになっていく一方で…こんな気持ちにさせたのは夏のせいしてもいいでしょ?それが駄目ならすばるくんのせい?夏が終わったらどうせ離れていくんでしょ?それから冬がきてしまったら、寒さに震える体を誰が代わりに温めてくれるの?ねえすばるくん(メンヘラ)

そして秋の始まりと共に、すばるくんは連絡をよこさなくなります。完。

 

ここまで書き上げて気づいた。

つまりこういうこと↓ってどういうことだよ!!!!!ただ妄想垂れ流してるだけだから!!!!!!!!!!!!!

 

 

後半へ続く。